激安印刷から売れる印刷へ

今までチラシ印刷を激安にするための知識などをいろいろ書いていますが、
激安で行うにも最終的には限界がありますよね。
あとは安い業者がさらに頑張ってくれるとかがあると嬉しいですけどね。
結局チラシを作る意味は宣伝して集客や商品が売れることが目的ですよね。
その為には売れるチラシを作ることが結局のところ経費分も利益で回収できますね。
ですから激安でチラシを作っていくにしても売れるチラシを作ることが
チラシ印刷が激安にも繋がっていくことになりますよね。
売れるチラシを作るためには顧客にどれだけ訴求できるかが問題に
なってきますが、それはチラシの内容だけではなく、チラシをどのように
見込客に届けることが出来るかということが重要になってきます。
チラシを届ける方法には新聞折込、ポスティング、手配りなど
いろいろな方法があります。
まず、新聞折込は昔からある常套手段ですよね。
しかし新聞折込は若い人たちは契約をしてない人も多いため、ターゲットが
若い人の場合は難しいかもしれませんね。
ポスティングは専門の業者やフリーペーパーなどに挟んでもらう方法が
ありますが、これはエリアごとに配布できるので、商圏に投函出来て
まんべんなく配布することが出来ます。
しかしポスティングお断りなどのところもあるため、確実とは言えない
デメリットもあります。
手配りは確実に手に渡すことが出来ますが受け取ってくれる人も多くないため、
時間と労力がかかります。