激安印刷の知識⑩紙の知識

紙の厚さを表すには、どのような単位で表現されているのか?ご存じですか?
激安な印刷業者で印刷をお願いした時の為にも、紙について知識を付けておいた方が良いでしょう。

紙について調べていると、お気づきかと思いますが紙はキログラムで表現されているかと思います。
このように、紙の厚さを表現する時には、kgで表現するのです。
激安印刷業界では、基準となる紙の厚みは重さで表現されていて平判1000枚の重さをkgで表現しています。
この事を、”連量”と言います。

例えば、この紙のkgの数字が低いと紙の厚さは薄く、逆に重いと厚い紙という事になります。
普段利用しているコピー用紙が、55kgなのでこれを覚えておけば比較もしやすいのではないでしょうか。

それでは、主に利用されている紙の厚さの種類について調べてみました。

四六判(菊判)
・55kg(38kg)、73kg(50.5kg)…チラシ、そして雑誌などの本文に利用
・90kg(62.5kg)…上記と同じくチラシや雑誌の本文に利用。またリーフレットにも利用されている。
・110kg(76.5kg)…パンフレットの本文に利用。その他にはリーフレットにも利用されている。
・135kg(93.5kg)…パンフレットの表紙やポスターに利用されている。

用紙の大きさについては、下記の通りです。
・四六判…788x1091mm
・菊判 …636x 939mm
・ハトロン判…900x1200mm  とこのようなサイズとなります。

激安な所でチラシ印刷をする為の知識を知っておくと良いかと思います。