価格と商品価値

最近の傾向としては、安い、激安という言葉よりも少しプレミアム的な部分が多くなって
いる気がします。
安いものだけに飛びつく消費者が減ってきているということなのかもしれません。

もちろん安くて良い物というのは、価格と商品を見た時に商品価値のほうが高いと判断す
ることで安く感じるわけですが、プレミアムといってもこの部分は変わりません。
値段は多少高くても、その価格よりも断然商品価値が高いものが売れ始めているというこ
とです。
高単価であっても良い物は売れているということかもしれません。

ただし、そこにはマーケティングは欠かせません。
チラシ印刷 激安で作るのも宣伝をすることが大事だからですね。
良い物を作っていれば売れるという時代ではないのです。
どれだけ宣伝が出来ているのかと言うことも大事です。
例え良い物であっても宣伝がされていなければ、その価値はお客様には伝わりませんから
チラシ印刷 激安で作ることで、商品価格はそれほど高くする必要はなくなります。

そのぶん価格よりも断然商品価値を高くすることも出来るわけですね。
ただ単に高くても売れるというのとは違います。
どんな時代でも価格に対して商品価値がどの程度なのかということが大事なのです。