いろいろな方法を試そう

チラシ印刷 激安で作って効果は上がっているでしょうか。
どんなに激安で作っても効果が上がらなければチラシを作っている意味も無くなってしま
いますよね。

効果をあげるためにはいろいろな方法がありますが、経費が減った分他に使ってみるとい
うのもひとつの方法ですね。
今はどこの会社もホームページを持っている時代ですが、まだホームページが無いとした
ら、ホームページを作って見て、チラシからホームページに誘導してあげたりするのも方
法のひとつであると言えるでしょう。

またホームページが出来たらネットで広告を入れるというのも手段のひとつです。
チラシ印刷 激安で行うことで他の方法も模索できるようになります。
普段チラシを見ない人というのもいますので、他の方法も使うことで顧客が増える可能性
があります。

手段はひとつではないということですね。
今はホームページだけでななくフェイスブックやツイッターなども活用しているところも
多くあります。
さまざまな物を活用して効果をあげているところが多々あります。

また、そこからメルマガ登録などをして貰って、より新鮮な情報を届けるという方法も出
来ますし、メルマガなどはシステム料など以外はかなり安くできるので効果も高いかもし
れませんね。

比較検討するために

チラシ印刷 激安で行う場合に知識として持っておいてほしいのが、紙の知識になります。
以前に紙の知識については書いていますので、少し遡って見て頂けると幸いです。

なので、今回は紙の知識に関することは省きますが、これがあるのとないのとでは業者選
びの際に、紙のことを考えずに明らかに良い紙ではないものを激安価格として宣伝してい
るような業者にひっかかってしまうことになります。
紙は様々な種類がありますから、どういったものを見る必要があるのか是非、勉強してみ
て下さい。

そこがわかってからチラシ印刷 激安なところを探しましょう。
まず相場を調べるためには、インターネットで印刷業者を検索してみて比較していくこと
が大事です。
どんな条件でどの値段なのかということですね。
枚数が多ければ実は違った業者のほうが安かったり、枚数が少ない場合は違う業者のほう
が良いという場合もあります。

もちろん自分が今後印刷する枚数を頭に入れておくことも大事ですが、どんどん売上が好
調になった場合に枚数を増やす可能性も考えていろいろ調べておくことも大事です。
比較することで激安で自分が印刷したい枚数にあった印刷会社を探すことが出来ます。

もちろん電話、メールでやりとりできる時代ですので、業者が遠くても配送料で高くつく
とかでなければ、どこにお願いしても大丈夫ですよね。

激安印刷から売れる印刷へ

今までチラシ印刷を激安にするための知識などをいろいろ書いていますが、
激安で行うにも最終的には限界がありますよね。
あとは安い業者がさらに頑張ってくれるとかがあると嬉しいですけどね。
結局チラシを作る意味は宣伝して集客や商品が売れることが目的ですよね。
その為には売れるチラシを作ることが結局のところ経費分も利益で回収できますね。
ですから激安でチラシを作っていくにしても売れるチラシを作ることが
チラシ印刷が激安にも繋がっていくことになりますよね。
売れるチラシを作るためには顧客にどれだけ訴求できるかが問題に
なってきますが、それはチラシの内容だけではなく、チラシをどのように
見込客に届けることが出来るかということが重要になってきます。
チラシを届ける方法には新聞折込、ポスティング、手配りなど
いろいろな方法があります。
まず、新聞折込は昔からある常套手段ですよね。
しかし新聞折込は若い人たちは契約をしてない人も多いため、ターゲットが
若い人の場合は難しいかもしれませんね。
ポスティングは専門の業者やフリーペーパーなどに挟んでもらう方法が
ありますが、これはエリアごとに配布できるので、商圏に投函出来て
まんべんなく配布することが出来ます。
しかしポスティングお断りなどのところもあるため、確実とは言えない
デメリットもあります。
手配りは確実に手に渡すことが出来ますが受け取ってくれる人も多くないため、
時間と労力がかかります。

激安印刷は知恵を絞って作る

チラシ印刷を激安で考える時は、やはりいろいろな業者から相見積もりを取るのが一番安く
仕上げる方法ですよね。
印刷枚数を増やせば増やすほど単価が下がるオフセット印刷は、版からつくるために版が高くつく
ということですね。
枚数を増やせば1枚あたりの版の代金が下がり、安価になるわけですね。
この大量印刷は店舗数が多いところなどは、近隣店舗と共同のチラシを製作することで単価を下げて
いるんです。
セールの内容は同じで、裏側などに掲載する店舗情報を数店舗分載せることによって、同じ印刷した
チラシでも数店舗分になることで大量に印刷することが出来るというわけです。
こう考えるとやはり大きい会社は経費も削減出来て、小さいお店では太刀打ちできないとも
思ってしまいますが、こういったチラシは個人店であろうとも商店街などで連携が取れれば可能です。
お肉屋さん、魚屋さん、洋服店などひとつのスーパーや百貨店に見立ててチラシを共同で
製作する方法です。
大きいところには敵わないと思わずに、人脈をつかったり協力しあうことで様々の施策が打てるのです。
商店街などは、お祭りなどでは協力して行いますよね。
そういったチラシ印刷でも協力し合えれば激安で印刷が可能になりますよ。

激安印刷の知識⑪少ない枚数の場合

激安な所でチラシ印刷をお願いするには、やはり気になるのがそのお値段だと思います。
印刷代は、やはり激安なお値段でお願いしたい所ですね。

例えば、チラシ印刷を激安でお願いしようとした時に印刷業者へお願いするとなるとやはりそのチラシ印刷する枚数がどうなのか?と考えてしまいますよね。
激安な値段で印刷をしたいけれど、印刷業者にお願いする枚数となるとやはり大量な枚数で発注をしなくてはいけないような気がしてしまいますよね。
大量な枚数ですと、きっと激安な値段で印刷をお願いする事が出来るでしょうけど少ない枚数のチラシ印刷となると最低枚数に達していないのでダメなのかな~なんて思う事もあるでしょう。

そんな心配はいらないようです。
今の印刷業者では小ロット印刷をしてくれる所が多いようです。
この小ロット印刷とは、印刷枚数が少数でも印刷が可能となります。
値段も低コストですし、少ない枚数で発注をかけたい時には小ロット印刷が良いみたいです。

この小ロット印刷には、オンデマンド印刷という方法で印刷します。
オンデマンド印刷とは、通常のオフセット印刷の時のように必要な”印刷版”を作る工程は無くデーターを直接出力をして印刷をするという事になります。
このオンデマンド印刷は、10枚でも30枚からでも印刷出来る方法です。
印刷の品質はどうなの?と気になる方もいるでしょう。
印刷のその品質は、通常のオフセット印刷から比べると品質は確かに落ちてしまいますが充分な印刷を期待できるかと思いますよ。

激安印刷の知識⑩紙の知識

紙の厚さを表すには、どのような単位で表現されているのか?ご存じですか?
激安な印刷業者で印刷をお願いした時の為にも、紙について知識を付けておいた方が良いでしょう。

紙について調べていると、お気づきかと思いますが紙はキログラムで表現されているかと思います。
このように、紙の厚さを表現する時には、kgで表現するのです。
激安印刷業界では、基準となる紙の厚みは重さで表現されていて平判1000枚の重さをkgで表現しています。
この事を、”連量”と言います。

例えば、この紙のkgの数字が低いと紙の厚さは薄く、逆に重いと厚い紙という事になります。
普段利用しているコピー用紙が、55kgなのでこれを覚えておけば比較もしやすいのではないでしょうか。

それでは、主に利用されている紙の厚さの種類について調べてみました。

四六判(菊判)
・55kg(38kg)、73kg(50.5kg)…チラシ、そして雑誌などの本文に利用
・90kg(62.5kg)…上記と同じくチラシや雑誌の本文に利用。またリーフレットにも利用されている。
・110kg(76.5kg)…パンフレットの本文に利用。その他にはリーフレットにも利用されている。
・135kg(93.5kg)…パンフレットの表紙やポスターに利用されている。

用紙の大きさについては、下記の通りです。
・四六判…788x1091mm
・菊判 …636x 939mm
・ハトロン判…900x1200mm  とこのようなサイズとなります。

激安な所でチラシ印刷をする為の知識を知っておくと良いかと思います。